防犯カメラ

ガルエージェンシー沖縄では、防犯カメラ大手の塚本無線の特約店になっており、さらには総合探偵社ならではのセキュリティー対策が可能です。
個人のお客様、企業様等、多岐にわたって防犯カメラ設置に係わるノウハウがございますので1台からお気軽にお問い合わせください。

防犯カメラ、監視カメラを設置するメリット~
防犯カメラ・監視カメラを設置することで犯罪や事件、いたずらなどの証拠映像を残すことができ、警察への 証拠映像の提出が可能になるため、犯人の特定ができる確率を高めます。また、映像の記録だけではなく防犯カメラ・監視カメラを設置しているだけで、犯罪やいたずらの抑止効果を高めてくれます。防犯カメラ を設置している施設や家を狙うことは、いたずらや犯罪をする側からもリスクを生じますので、設置するだけでも防犯カメラは十分な効果を発揮します。

step
1
防犯カメラの選び方


防犯カメラ・監視カメラは防水・防塵に対応した屋外タイプ、自宅内で使用する屋内タイプなど様々な 種類のカメラがあります。最近では大切なペットや赤ちゃんを外出先から見守るためにペットカメラやベビーモニター を自宅に設置し、その様子を見守るお客様も増えていきています。設置場所、用途、目的に合った防犯カメラを 適切に選んで設置しましょう!
防犯カメラの選び方のポイントを押さえて、自分自身にあった防犯カメラを選びましょう。ここでは簡単なポイントをご紹介します。そのポイントをふまえて「種類」「機能」「設置場所」に合わせて選んでいきましょう。

step
2
予算で選ぶ


防犯カメラを選ぶ時に、重要なポイントの一つとして予算や費用対効果があげられます。 室内にのみ設置するのであれば、安価で高機能な見守りカメラがおすすめです。 屋外への設置はカメラの種類によって、価格の幅が大きいです。乾電池で動くトレイルカメラは安くて簡単に設置できる反面、セキュリティ面では一般の防犯カメラに劣ります。 昨今では一般のバレット型タイプのカメラの価格もだいぶ下がってきていますのでセキュリティ面を重視するのであれば、通常の防犯カメラを選択するのも良いかと思います。

step
3
設置場所に合わせて


防犯カメラの設置場所によってもカメラの種類が大きく変わってきます。 屋外に設置する場合はまずIP66以上の防塵防水性能を有している事が条件となります。外電源を確保できる場合は通常タイプおカメラ、確保できない場合は ソーラー充電タイプのカメラがおすすめです。 また、屋内への設置なら対象物を自動で追いかける追跡機能があるカメラがおすすめで、今人気です。
防水機能が有るカメラには、IP〇●と記載されている規格があります。 これはJIS(日本工業規格)で定められた異物の侵入に対する保護 の等級をを示すもので、IPの後に続く数字が、それぞれ「防塵」と「防滴」の性能を表しています。 IP66は主に台風等の豪雨でも浸水の恐れがない防水性能の防雨型カメラを示します。

step
4
設置場所の気温に応じて


日本国内で防犯カメラを設置する場合、著しく暑い、寒い環境の場合はカメラに不具合を きたす可能性があるため、それ専用のものを設置することおすすめします。 寒冷地・温暖地用に温度センサーが搭載されており、温度に応じてヒーターやファンが作動しカメラ本体の温度を 適正な温度に保ってくれます。

step
5
画素数で選ぶ


画素数は基本的には、大きければ大きいほどきれいな映像を確認する事ができます。 昔は52万画素などの画素数が低いカメラが主流でしたが、今では最低でも100万画素、高ければ800万画素(4k)のカメラまで 登場し てきています。 しかし一方で映像が綺麗になればなるほど、データ通信量が増えるため映像の遅延などが発生しやすくなってきますので、 証拠映像などを特に鮮明に残す必要がある場合は800万画素(4k)、遅延なくスムーズに常に映像を確認したい場合は画素数を 落とすなど、利用目的に応じて画素数を選んで頂く必要があるかと思います。

step
6
防犯性とデザインをポイントにして選ぶ


防犯カメラの形状は主に2種類に分ける事ができます。 一般的な形として「バレット型」「ボックス型」があります。 「バレット型」「ボックス型」は存在感を発揮するため、犯罪への抑止力となります。 反面、半円  形の「ドーム型」の防犯カメラ、「バレット型」「ボックス型」とは対照に柔らかい雰囲気がありあまりカメラ として目立ちません。そのため、店舗やご近所に配慮し、カメラの存在を目立たせたくない場合には、おすすめです。 また、「ドーム型」はカメラがどの向きを向いているのかが分かりにくいため、撮影箇所を隠すことにも向いています。

step
7
防犯カメラの設置台数


設置する場所・施設に応じて考えていく必要があります。1台で十分な場所ならMicroSDカードへ録画できるタイプがおすすめです。 2台以上の設置になると、録画装置(NVR/DVR)とのセットにした方が費用を抑える事ができます。 大規模な施設への設置には、8ch(チャンネル)、16ch(チャンネル)、32ch(チャンネル)などたくさんのカメラを 同時に接続できる録画装置が必要となってきます。

step
8
ネット環境の有無


ネット環境があるか、ないかによっても導入できる防犯カメラの幅が変わってきます。 ネット環境がある場合は「ネットワークカメラ(IPカメラ)」がご利用でき、デジタル信号を用いて映像データを送信するため映像も綺麗です。 それに対してネット環境がない場合は、AHD(アナログハイビジョン)などの専用の回線を用いたタイプが利用できます。

~オススメ防犯カメラセット~


・特徴は、無線で簡単接続!
・最大8台まで対応可能
・PC、スマホから防犯カメラ映像を確認出来る!
・高画質500万画像
こちらのセットがカメラ、録画機セットで72800円(税込み)となっております。
お客様のニーズに合ったセットをご案内可能です。
お気軽にお問い合わせください。

 ・コロナウイルス対策用サーマルカメラ

感染リスクを減らし、安心できる環境づくりへ。


様々な種類をご用意しております。
企業様、様々な店舗様向けのカメラをご用意がありますので、お気軽にお問い合わせください。

お見積りはこちら

© 2022 総合探偵社ガルエージェンシー沖縄